経営理念・ご挨拶

 弊社は、2002年に創業し、2010年7月第10期目を迎えたビジネスコンサルティング会社です。創業時、バブル崩壊から立ち直るため、日本の全ての企業、国、地方公共団体が、必死で新たな日本を創るため奔走してきました。その中でそれぞれの立場で創業メンバーが自らの経験、ノウハウ、主義を駆使し、新しい視点と方策で「変革」のご支援をさせていただき、今日に至っております。

 2010年は、日本にとって重要な転機となる年であると私たちは、認識しております。顧客としてのBRICsの台頭、様々な国々の経済不安、日本における新たな政治不安、新たな日本を支える人材創り、日本を支える産業基盤の抜本的見直しなど、複雑かつ多様な課題に直面し、これらに対して新たな「変革」を推進することが必須となった年と言って良いのではないでしょうか。

 新たな「変革」は、「協働利用」、「緩やかな新たな提携関係」、「共通基盤」、「IT資産の保有から利用への転換」、「IT利用の即時化(クラウドコンピューティング)」、「データベース再構築と高度利用」、「仮説検証」、「従来のリソースの研磨と迅速な決別」、「顧客の見直し」などがキーワードになります。

 弊社は、更なる大胆な「変革」のご支援を、弊社をご活用いただくお客様のために、必要とされるビジネス環境、業務、組織、企業を熟知した上で、真摯に受け止めご支援をさせていただきます。現状の課題に対する解決策を具体的に明示させていただくとともに、現状の制約条件、前提条件を把握した上で、将来のあるべき姿を策定させていただき、「全体最適化」実現に向けてご支援をさせていただきます。

 なんなりと、気軽にご相談ください。課題をお客様と共有しながら、必ずや新たな解決策を導き出すことを担保させていただきます。

平成22年9月吉日
代表取締役社長 岡積正夫